片付けでリバウンドしない2つのコツ

<KOKOYORI レターNo.25>

こんにちは!

手放してハッピーに生きる

ミニマリストみやです。

「KOKOYORIレター」は

シンプルで心豊かな暮らしに役立つ情報を

シェアしています。

今日は「片付けでリバウンドしない2つのコツ」

というテーマでお送りします。

「片付けに火が付いて、数日スッキリしたけど

いつの間にか戻ってる・・・」

こんな経験はありませんか?

頑張った時間が無駄にならないよう

今日はリバウンドをしないためのポイントを

2つお伝えしますね。

さっそくいきましょう!

1つ目は、「リセットされた状態を決める」です。

そもそも、どんな状態が「片付いた状態」なのか

わからないと、行動に移せないですよね。

子どもが片づけてくれない原因の一つは

おもちゃをどこにしまえばいいか

理解していないからです。

リビングでもキッチンでも

「どこに何が置かれているか」

「何を何個くらい入れるのか」

など、元の基準がわかっていると

そこに合わせればいいだけなので

片付け自体がシンプルなり

動きやすくなりますよ☺︎

まずはモノの定位置を決めて

そこに収まらないものは

本当に必要かどうか考えるクセをつけましょう。

1日1つ、モノと向き合ってみるといいですね。

2つ目は、「片付け=義務にしない」です。

部屋が汚くてイライラしたり

仕方なく片付けをするときは

「片付けなきゃいけない…」

と義務感で動きますよね。

やりたくないことを、面倒だな〜

と思ってやるわけですから

その場しのぎになり

いずれ元に戻ってしまいます。

この場合は

片づけた先の「快」(喜びや幸せ)を

想像してみるといいですよ☺︎

例えば、

「机の上を片づけて、きれいなお花を飾りたいな〜」

など、まずは理想を思い浮かべます。

ここでの理想の設定は

ちょっと頑張れば手に届くぐらいがおすすめです。

その後、

「どんな花瓶を買おうかな〜」

「何色の花を飾ろうかな〜」

「家族がびっくりするだろうな〜」

なんてニヤニヤワクワクしながら片付けると

片付けが「義務」から

「快」を得るための「手段」に変わります。

多くの人にとって片付けは

「面倒なこと」だと思います。

実は私も同じです。^^;

ですから、

片付けなくてもいい仕組みや

片付けたくなるような理想の部屋を想像して

「片付け」=「面倒なこと」

にならないように心がけています。

最後に一つ、「片づけが面倒だなぁ」と

感じている方にお伝えしたいことがあります。

それは、

不要なモノを手放した先のシンプルライフは

多くのストレスから解放されること。

そして

人によっては想像以上に

(もしかしたら人生変わるかも!)

素晴らしい暮らしが待っているということです。

いつでも応援しています。

今日の「KOKOYORIレター」が

あなたのシンプルで心豊かな暮らしに

繋がりますように・・・♡

最後まで読んでいただきありがとうございました。

みや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA