「不安」を手放す

<KOKOYORIレターNo.15>

こんにちは!

「手放してHAPPYに生きる」

ミニマリストみやです。

『KOKOYORIレター』は、

「少なく豊かな暮らし」に役立つ情報をシェアしています。

今日は「不安の手放し方」というテーマでお話します。

初めての場所に行くとき、

新たなチャレンジをすとき、

人前で話すとき・・・

不安になりませんか?

「本当に大丈夫かな・・・」と心配になったり、

「やっぱりやめておこうかな・・・」と弱気になったり。

私は緊張するタイプなので

新しいことを始める時は、心臓バクバク・・・不安になります。

そんなとき、脳の仕組みを知ったことで、不安を軽くすることができたので、

今日はその内容をシェアしたいと思います!

「不安」の正体ってなにか知っていますか?

実は、脳からの”メッセージ”のようなものなんです。

人間の脳が一番優先することは、「死なないこと」

脳からしてみれば、

現状生きているならば、新たな変化は必要ないので、

こう”メッセージ”を送ります。

「今しっかり生きているんだから、わざわざ新しいチャレンジなんてしなくていいよ〜」と。

そのメッセージが「不安」という感情になるわけです。

このように、生物が一定の状態に保ち続けようとすることを、

「ホメオスタシス」というそうです。

なので、新しいことにチャレンジしようとしたときに、

「自分にできるかな・・・」と不安になったときは、

「あ、ホメオスタシスが働いているな」と考えてみてください☺︎

感情と冷静に向き合うことができて、不安が軽くなりますよ〜。

今は、よっぽどのことをしない限り、

新しいことをして、生存できなくなる、なんてことはありませんから、

脳にコントロールされて、経験を減らすのはもったいないな〜と思いました。

ホメオスタシスに負けず、一緒に新たなチャレンジをしていきましょうね!

今日の「KOKOYORIレター」があなたの少なく豊かな暮らしに繋がりますように・・・♡

最後まで読んでいただきありがとうございました。   Miya

postcard in shape of bird in gift box
Photo by Monstera on Pexels.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA