「心地よい空間」をキープできる人が持っているもの

<KOKOYORIレターNo.10>

こんにちは!

「手放してHAPPYに生きる」

ミニマリストみやです。


『KOKOYORI レター』は

「少なく豊かに暮らし」に役立つ情報をシェアしています。




突然ですが質問です。

あなたは断捨離をして、すっきり居心地のいい空間を手に入れました!

1年後、この状態をキープできる自信はありますか?




「ちょっと自信ないかも・・・」

と感じた方はぜひ最後まで読んでみてくださいね☺︎

実は、”あるもの”を持っていると、挫折もリバウンドもせず

心地よい空間をキープすることができます。

そのあることとは・・・





それはズバリ!!

「目的」です。




「片づけに目的??」と意外に感じるかもしれませんが、

「目的」の明確さは、持続モチベーションに繋がり

その後の状態を大きく左右します。




ここでの「目的」とは「あなたの理想の暮らし」のことです。

例えば、

・「シンプルな空間でストレスフリーな暮らし」

・「好きなモノだけに囲まれた暮らし」

・「家族の絆が深まる暮らし」

など。



あなたはどんな暮らしがしてみたいですか?

white ceramic mug on brown woven basket



片づけが続かない人・リバウンドする人は、

片づけ自体が目的になっている可能性があります。



そのような人は、

「片づけ」=「義務」になっているのではないでしょうか。



片づけが好きでたまらない人以外は、

散らかった部屋を片づけるのって面倒ですよね。




「でも、このままずっと放置しておくわけにはいかない・・・

やりたくないけど、片付けなきゃなきゃ」と、

“頑張って”行動することになります。


これでは苦しくなって続かないのは当然です。

一方、

理想の暮らしをイメージし、「目的」を持って片づけると、

「片づけ」=「手段」になります。



目指したい目的が見つかると、ワクワクしてきますよね!

そのワクワクが明確で、大きければ大きいほど原動力となり、

そのためのTODOを勝手に探し始めるのです。




例えば、目的が「心も空間も整うストレスフリーな暮らし」であれば

・手放しリストを作る

・今週中に1シーズン着ていない服を処分する

・気を使うお付き合いをやめて、ゆっくり一人の時間を楽しむ


すると着実に「理想の暮らし」へ近づいていきます。

日々の充足感が高まり、モチベーションもキープ。

行動し続けるので維持できる!というわけです。





ここで行動できない人は、「目的」を考え直すといいと思います。

自分が「大切にしている時間」「幸せに感じること」

紙に書いて理想の暮らしを鮮明にイメージしましょう。






人が新しいことを始めるとき、

面倒に感じるか、ワクワクするか

何で決まると思いますか?





答えは、「なぜやるか」という「目的」で変わります。

ワクワクする「目的」を持つことこそが、

全ての始まりです。



モノを減らすと、

人によっては人生が変わります。

自分の「大切にしたいもの」が再認識でき、

集中できるようになるからです。



しかし多くのモノを取捨選択し、手放していくことは

精神的にも体力的にも大変なことですよね。

「こんなに大変なら、ぐちゃぐちゃのままでいい!!!」

と投げ出したくなるかもしれません。



そんなとき、

あなたの最高にワクワクした「目的」が

きっと背中を押してくれるはずです。




今日の『KOKOYORI レター』が

あたなの「少なく豊かな暮らし」に繋がりますように・・・♡


最後まで読んでいただきありがとうございました。    Miya



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA